歯科診療におけるデジタル化の現状

歯科診療においてもデジタル化は進んできています。まずは「レントゲン写真」。

以前は、フィルムを現像処理していました。
そのため時間もかかり、廃液などの処分は環境にも悪影響を与えていました。
フィルムは、画像はきれいなので、すぐに読影するには良いのですが、
保存が難しく、過去との比較が的確に出来ませんでした。
当院でも採用しているデジタルレントゲンは、すぐにPCへデータとして取り込むため、お待たせする時間も短く、鮮明な画像は拡大表示も出来、診療の状況をわかりやすく説明できるようになりました。

次に、治療に直接関係はありませんが、カルテの作成。

昔の病院では、先生が手書きした内容に合わせて、受付の方が金額を電卓で計算し、領収書を作っていました。
現在は、診療状況を先生がPCへ入力するとお会計までが一括して行えるようになり、格段にスムーズになりました。

さらに、被せものを機械で作成する技術、CAD/CAMです。

一般的には3Dプリンタのイメージが強いですが、
歯科で普及しているのは、型取りした歯の模型を機械が読み取り、
サイコロ型のキューブから歯を削りだす機械です。
それが、最近保険でも白い歯が入れられるようになった技術のCAD/CAM冠と呼ばれるものです。

今までの銀の被せものは、国家資格である歯科技工士が、完全オーダーメイドで作成していたのです。金属の価格向上や人材不足への対策として、この技術はあっという間に広まっています。

すでに実現しているのですが、冷たい粘土のようなものを口に入れて作る型取りさえも、
カメラでスキャンする技術が、少しずつ普及してきています。

これからも歯科診療におけるデジタル化は加速するでしょう。