本文へスキップ

神奈川県平塚市の歯科クリニック。 古城(こじょう)歯科クリニック

ご予約・お問い合わせは、こちらまで。お気軽にお電話下さい
TEL 0463-22-2288

歯科治療のなぞ?

レントゲンって必要なの?


丸が普段見えている部分
歯の内側や根っこ、
骨などは普段は見えません
歯科では、レントゲンを撮影する機会が多いかもしれません。


なぜかというと、歯は、目で見えているところよりも、
隠れている部分の方が多いからなのです。

お口を開くと見える部分は実は一部だけ。

本当は、歯を支えている骨や歯の内側までしっかり見て
診断をする必要があるのです。
そのためにレントゲン写真をお撮りしております


「大きい写真と小さい写真の違いはなに??」
初めてのご来院の際「大きなお写真(レントゲン)を撮らせていただいてよろしいですか?」と
伺うことがあります。

大きなレントゲンは「パノラマレントゲン」といって、お口全体の状態を見ることが出来ます。
大きな機械がお顔の周りをぐるっと回って撮影しています。

その写真によって、今までどのような治療がされているのか? 
症状は無いけど、実は悪くなっていることころはないか?
かみ合わせのバランスはどうなっているか? 
あごの関節の状態はどうなっているか? などなど・・。

多方面から診断をすることが出来るのです。


大きい写真では、お口の中全体を見ることができます。


例えば、自覚症状はないけれど、何やら気になる点が・・
「疲れたときに、この辺りに違和感ありませんか?」
「そういえば、たまに重い感じがするけど、何日かで治るから・・」

そういった症状を放置しているとさらに悪くなることも。
先手を打って治療をオススメすることもあります。

また、歯周病は痛みなどが出にくく、気がつくと進んでいることがあります。
私たちは、歯周病の検査もしっかり行っておりますが、
レントゲン写真で歯を支える骨がどのくらいあるかを確認することも大事な診断材料としています。

このように、大きなレントゲン写真は、見た目ではわからないような症状を知ることができる
大切な診断材料になっています。

また、お口の中の状態はいろいろと変化するため、1年に1度くらいは大きい写真を撮影し、
経年的に状態を把握していくことも大切です。


小さい写真は、より精密にチェックできます。

小さなレントゲンは「デンタル」と呼ぶことが多く、
2〜3本の歯を精密に撮影するために使用します。

お口の中に小さなフィルムのようなものを入れていただき、
外側から筒のようなものを当てて撮影します。

当院では、専用の読み取り機に入れて画像を
パソコンに取り込んでいます。

例えば、根っこの治療をした後など、
しっかりお薬が入っているのかを確認するために撮影します。

(余談:デジタルなので、鮮明な画像で拡大も出来るため、治療がうまくいっていなくてもお茶を濁す・・
 ということが出来ません!そのため、必要と判断した場合にはやり直しさせて頂くこともあります)

また、大きい写真で撮影したところで気になる部分を精密に撮影する、といったときに使用することもあります。


レントゲンって言うことは、放射能は大丈夫???

気にされている方も多い用ですが、そもそも「放射能」は「放射線をだすもの(放射性物質)の能力」あらわすもの。
レントゲン撮影で出るのは「放射線」です。

当院では「デジタルレントゲン」という、出来るだけ放射線量が少なく、
そして鮮明に撮影できる機種を採用しています。
十数年前の機械に比べると25%程度の放射線量で撮影できるといわれております。(メーカー談)

また、大人用・子供用のモード切替ができます。
お子さんの場合はさらに少ない放射線量で撮影させていただいております。
もちろん、お子さんのレントゲン写真は必要な場合のみ行っております。
しっかり保護者の方にご説明させていただき、ご了解を得た上で行っておりますので、ご安心下さい。

また、デジタルレントゲンには「現像」が必要ないため、比較的早くお写真を見て頂く事が出来ます。
廃液の処理の必要もないため、環境にやさしいといわれています。

このようにレントゲン写真を通じて、皆さんのゴールにあわせた治療のためにどのように取り組んでいくのか、
より適切な診断をすることが出来ます。
もちろん、ご希望されない場合は、撮影を致しません。

ご心配なことなどございましたら、お気軽にご相談下さい。


最近よく聞くCTじゃないと、いい治療ができないんじゃない?

申し訳ございません。CT設備はありません。
確かにCTは立体的に状態を確認できるため、より良い診断材料にはなります。
開業当初から考えると、技術も進歩し、価格も抑えられてきたとはいえ、なかなか気軽に導入できません。
しかし、CTがないと判断できない治療技術ではありません。できる範囲内で精一杯治療します。
ちなみに、CTは放射線量も大きくなります。

古城歯科クリニック古城歯科クリニック

〒254-0807
神奈川県平塚市代官町32−17
TEL 0463−22−2288
休診日:水曜・祝日





子どもの歯並び









院長ごあいさつ 〜 過去分 〜